トップページへ戻る

2021衆院選社民党・アピール

弱音をはける社会へ(あなたの弱音が政治の課題)

日本は、検査体制、ワクチン接種、感染拡大防止、経済的損出の補填といったあらゆる面で世界的に遅れをとりました。

これは、憲法に緊急事態条項が無いからではありません。菅政権が「国民のいのちと暮らしを守る」政策をことごとく後回しにしてきたからです。

公立病院や保健所の統廃合などの医療政策がコロナの蔓延を許し、医療現場を逼迫させています。

国民に1年半も自粛させ、100万人もの失業者や医療従事者を窮地に陥れ、オリ・パラと憲法改正だけは強引に進めようとする自公政権。そこには「いのちとくらし」の配慮はみじんもありません。

社民党は、新自由主義経済政策に対し、いのちとくらし最優先、個人の尊厳が守られ、ジェンダー平等で再生可能な社会を目指します。

それはまさに、日本国憲法を活かし、日本に住む全ての一人一人に行き渡らせる政治です。

さあ! いっしょに、憲法の活かされる社会に変えていきましょう!